仮想通貨は、電子マネーと似たようなものというイメージを持つ人は少なくありません。確かに、どちらもキャッシュレスで便利い支払いができるという特徴がありますが、発行元や価格変動の有無などの違いがあります。

公共交通機関を利用する時や提携しているショップでの買い物の際など、便利に利用できる電子マネーは、そのカードを発行・管理している運営会社にお金を預ける形になります。その運営会社が活動を行っている国やエリアでなければ、預けたお金で決済などをすることはできません。さらに、日本で電子マネーを使う場合、入金する前もした後も、単位は日本円のままです。電子マネーという形に換えることによって、その価値が変わることはありません。

それに対し、仮想通貨というのはインターネット上での支払いをするための通貨です。特定の企業のサービスなどを利用するためのものという訳ではなく、個人間の支払いなど幅広い用途に使うことができます。そんな仮想通貨は、特定の国や運営会社が発行しているものではなく、通貨単位は全世界共通となります。その価値は一定ではなく、需要と供給によって変化することが仮想通貨の特徴です。所有していた仮想通貨の価値が上がったタイミングで手放せば、資産を増やすことにも繋がるため、仮想通貨は投資にも有効と注目を集めています。

さらに、仮想通貨は全世界共通の通貨となるため、海外旅行に行った時に現地の通貨に両替することなく買い物ができる、住んでいる国に関わらずネットを通じてリアルタイムでお金のやり取りができるなどのメリットもあります。これは、国に縛られない仮想通貨ならではの特徴といえるでしょう。

そして、もう一つ大きく異なるのが、購入をする場所と手数料です。電子マネーはATMや専用のチャージャーなどを使って、チャージをしていく形となります。それ以外に、クレジットカードなどからもチャージ可能です。それに対し、仮想通貨は取引所や販売所を通じて購入をする形となります。

電子マネーの場合は、最初にカードを作る時などに手数料が必要となることが多くなっていますが、そこから先のチャージで手数料がかかることはありません。それに対し、仮想通貨は購入の際に手数料が必要となります。手数料といっても、それ程高いものではありません。ただ、仮想通貨を使う機会が多い人は、購入の際に必要な手数料まで確認して最適な取引所を選んでおくと良いでしょう。