不労所得の副業をやるなら今がチャンスです。
仮想通貨と言えばビットコインですが、2008年に発明され開始が1年後の2009年
当初ビットコインは通貨の交換が主な目的で使用されていました。
そしてイーサリアムの登場後、仮想通貨の第一次パラダイムシフトが起きました。
ブロックチェーン上で改ざん困難でセキュアにプログラムも実行できるようになったのです。

これにより、ブロックチェーン技術を使ったアプリやゲームなどのDAPP、ICO、DAOなど様々なサービスや構想が誕生しました。
この頃になるとビットコインの行うものとは異なる、PoS(Proof of stake)といった新しい合意形成アルゴリズムも発明されました。

以前までのビットコインのような通貨が行うPoW(Proof of work)はマイニングという行為によってビットコインを得られたのですが、設備や電気代などの壁が一般的な人にはハードルが高かったように思えます。
しかしPoSは保有通貨を預けることで、様々な条件により報酬が貰えるようになったのです。
この頃から仮想通貨での不労所得は夢のような話ではなくなり、現実のものとなりました。

その当時からPoSでのマイニングを初めていた方々は、途中で大暴落のリスクももちろんありましたが
結果的に、年利の低い銀行にただ貯金するよりも何百倍・何千倍も儲かったと思います。
インカムゲインだけでそれだけ儲かり、キャピタルゲインでも儲かったのです。

そして仮想通貨界隈はさらに発展していきます、仮想通貨の貸し借りができる仮想通貨レンディング
これをブロックチェーン上で自動でできるようにしたDeFiの登場です。
これにより任意の仮想通貨さえ持っていれば誰でも通貨のの貸し借りができるようになり
通貨を預けるだけで金利を貰えるようになったのです。

そして現在では、仮想通貨を大量に保持する取引所や大口組織が資金プールとなり
ビットコインや承認された通貨なら、ほぼすべての通貨がDeFiに参入できるようになりました。
これにより多くの人がビットコインやその他の通貨でレンディングするようになりました。
トレードによって資金を減らすリスクより、確実に入ってくるインカムゲインでの報酬へと切り替えたのです。

そもそも通貨暴落の危険があるのでは?と思うかもしれません。
しかしレンディングするには、通貨を一定期間預けなければならないのです。
ようするにその期間は通貨を売ることができません。
つまり、ビットコインの長期保有層がここ最近になり急激に増加したという研究報告もあったように
今後も長期保有層が増加し続けるのであれば暴落リスクもかなり減ることになります。

通貨を預けてその報酬を貰う、だけなら主婦でもサラリーマンでも誰でもできます。
決まった期日に少額ずつ投入するドルコスト平均法であればリスクも抑えられ
普通に貯金をするよりも何倍も資産を増やすことができます。
これはもう最強の副業と言わざるを得ません。